“吸口”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すいくち61.5%
すひくち30.8%
くち7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次には同じようにして吸口の方をめ込み叩き込むのであるが、これを太鼓のばちのように振り廻す手付きがなかなか面白い見物であった。
喫煙四十年 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
藍微塵を、膝が破れさうに坐つて、此時代では何よりの贅澤とされた銀の吸口のチヨツピリ付いた煙管で煙草盆を引寄せる平次は、若くて好い男ながら
金の吸口で、烏金で張った煙管で、ちょっと歯を染めなさったように見えます。懐紙をな、にあててを、おも長に御覧なすって
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)