喫煙四十年きつえんよんじゅうねん
はじめて煙草を吸ったのは十五、六歳頃の中学時代であった。自分よりは一つ年上の甥のRが煙草を吸って白い煙を威勢よく両方の鼻の孔から出すのが珍しく羨ましくなったものらしい。その頃同年輩の中学生で喫煙するのはちっとも珍しくなかったし、それに父は非 …
作品に特徴的な語句
ペニヒ 通過トランシット かん 肥大ふと かん 螺旋ねじ くび 藁切わらぎ 羅宇らお 羅紗ラシャ 赤鏽あかさ やに 把手とって えが つか むつ 先達せんだっ 聚落しゅうらく うらや たた 紙函かみばこ 笑談じょうだん かまど 膠質こうしつ 真鍮しんちゅう 相応ふさわ 目深まぶか 癇癪かんしゃく おい 燧金ひうちがね 這入はい 鼻腔びこう 雁首がんくび きわ 阿片あへん ひま きり くわ かんな 遙々はるばる 胴乱どうらん くつわ いや ため のぞ 草臥くたび 流行はや 嗅覚きゅうかく 慈姑くわい 恰好かっこう 工合ぐあい 少時しばらく うち あな 咽喉のど 吸殻すいがら 吸口すいくち 可笑おか 印籠いんろう きざ もた かぶ 些末さまつ 燈明とうみょう 熱灰あつはい 火口ほくち 流暢りゅうちょう たみ かし きり 有徳うとく 燧袋ひうちぶくろ うま 日清にっしん 揺曳ようえい てのひら 挿込さしこ つま 打毀うちこわ ひら