“日清”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にっしん88.5%
につしん11.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが日清戦争、連戦連勝、軍隊万歳、軍人でなければ夜も日も明けぬお目出度いこととなって、そして自分の母ととが堕落した。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
内奥に於て如何にその外観とちがっているかは、かの日清・日露等のに於ける兵士の軍歌(雪の進軍と、此処は御国を何百里)
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
日本日清日露兩役戰爭ては擧國好成績げてるが、經濟問題擧國好成績げたことはてないのである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
まづは上杉の家にやかましき沙汰もおこらず、大藤村にお作が夢ものどかなるべし、四月の十五日帰国にまりて土産物など折柄日清の戦争画、大勝利の袋もの、ぱちん羽織の
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)