“日清役”の読み方と例文
読み方割合
にっしんえき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糸巻きに結んだ老女が、井上流の名手、京都から出稽古に来て滞留している京舞の井上八千代——観世流片山家の老母春子、三味線をいているのは、かつて、日清役のとき
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)