大橋須磨子おおはしすまこ
霜月はじめの、朝の日影がほがらかにさしている。澄みきった、落附いた色彩と香があたりに漂い流れている。 朝雨にあらわれたあとの、すがすがしい空には、パチパチと弾ける音がして、明治神宮奉祝の花火があがっている。小禽が枝から飛立つ羽ぶきに、ふち紅 …
作品に特徴的な語句
がさね ふる しい たか 客人まとうど 色調いろね しぼ 誰人だれびと 分明はっきり おもい 最早もは 色彩いろ 起伏おきふ 側室そくしつ すぐ ひと はじ かた たしか 河岸がし さわや 生々いきいき べに かく うつ 一言ひとこと ちょう 中央まんなか 中差なかざ 丸髷まるまげ 二言ふたこと とぎ 何処どこ 何時いつ おご 冴々さえざえ 別者べつもの 台広だいびろ 吉原よしわら のろ 嗜好しこう うわさ 塩梅あんばい 大家たいけ 奥床おくゆか 女君めぎみ ねた しゅうとめ くわ えん おうな 定家ていか 家人けにん 富本とみもと 小性こしょう 小禽ことり 小舞こまい 年増としま くるわ 張合はりあい 悧巧りこう 振袖ふりそで 探出さがしだ 是真ぜしん 朋輩ほうばい 桜鼠さくらねずみ むね くし 欄間らんま ほとん さら 清元きよもと ようや 烱眼けいがん 燈火ともしび 生立おいた 眉毛まゆげ 碌々ろくろく 祇園ぎおん 積荷つみに 穿鑿せんさく 簪巻かんざしま いき のり 紅葉もみじ