“簪巻”の読み方と例文
読み方割合
かんざしま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭のまん中へちいさな簪巻きを(糸巻きという結びかたかも知れない)つけて、細い白葛引きをぴんと結んで、しゃんとした腰附きではあるが、帯をゆるくしめて、舞扇をもって立っている。
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)