“簪纓”の読み方と例文
読み方割合
しんえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名門楊家は、数代簪纓の誉れ高くご父祖はみな宰相や大臣の職にあられたのではないか。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
簪纓ち棄て、耀ける家柄をも離れ、木の端、竹ののような青道心になって、寂心のに走り、其弟子となったのは、これも因縁成熟して其処に至ったのだと云えば、それまでであるが
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
忽ちにして蜑煙蠻雨の荒郷に身を投ずるとか、貧人のに富むとか、貴人の忽ちに簪纓を抛つとか、寡婦の夫を得るとか、桀黠の士の亂の起るに會ふとか、凡そ是の如き境遇際會の變易よりして
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)