“簪草”の読み方と例文
読み方割合
かんざしぐさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その小径は、毛莨釣鐘草簪草などのひ弱い夏花や、鋭い棘のある淫羊藿空木などの低い草木で覆われていて、その入口でさえも、密生しているのような暗さだった。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)