“簪玉”の読み方と例文
読み方割合
かんざしだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋になると、崖ぶちの恐ろしく高い木に、藤豆のような大きな平たいの実がった、簪玉位な真紅の美しい実のなる木もあった。クルミもあった。
四谷、赤坂 (新字新仮名) / 宮島資夫(著)