“簪船”の読み方と例文
読み方割合
かんざしぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ、その朝は水平線の上が刷毛いたように明るく、遠くの沖を簪船が二隻も三隻も通っていくのが見えた。つい近くの波間に遊んでいた数羽の水禽が翼を並べて、兜岩のほうへ立っていった。
暴風雨に終わった一日 (新字新仮名) / 松本泰(著)