“簪叉”の読み方と例文
読み方割合
かんざし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、立ち際に財布を調べて、荷箱をも開けて見たが、財布の中の金に異状はなかつたが、荷物の中の、簪叉はすつかりさらはれて、空つぽになつてゐた。——
(旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)