白蟻しろあり
かようなことを、作者として、口にすべきではないであろうが、自分が書いた幾つかのなかでも、やはり好きなものと、嫌いなものとの別が、あるのは否まれぬと思う。わけても、この「白蟻」は、巧拙はともかく、私としては、愛惜措く能わざる一つなのである。私 …
作品に特徴的な語句
ひらめ ゆる マス ぐる はげし 倦怠けだるさ たけ つな 執念しぶとさ しばた そば 容色みめかたち 決定けじめ もてあ 徐々だんだん うっ かた 玩具ジュウジュウ 執念しぶと 燦爛プントハイト はず みご びれ 退すさ はしがき 焦躁いらだ いじ 微温ぬく 空隙あいだ 詭計からくり 習慣しきたり かたわら ほぐ さん 恍惚うっと 長短ロング・コンド・ショット ぎょう きらめ 周囲ぐるり なま 掠奪ひった 節奏リトムス 白斑なます いさか ざい 抑揚アクセント おり いか 醜怪グロテスク しめ いた しずく おびや あね 豊頬ふくらじし わな 谿間たにあい 幾何きか 試練テスト 道程みちすじ しつら オレンジ かご 鉄漿はぐろ 咽喉いんこう さす ほのめ もく もぎ あま くすぶ ひら 曙光しょっこう 悔恨くい 結論けり おん 腸綿はらわた 残滓かす 心臓ハート 微笑ほほえみ 血塊ちだま かたち こす 腹腔はら そこな 摸索まさぐ