“血塊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けっかい66.7%
ちだま33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
英雄は古来センティメンタリズムを脚下蹂躙する怪物である。金将軍はたちまち桂月香を殺し、腹の中の子供を引ずり出した。残月の光りに照らされた子供はまだ模糊とした血塊だった。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
うわッ、血だ、血、血、ぬらぬらとした真紅な血塊だった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そうしますと、一方ではあの執着が、私の手を遮ってしまうので、結局宿命の、行くがままに任せて——。死児を生み、半児の血塊を絶えず泣かしつづけて——。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)