“側室”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そばめ61.1%
そくしつ33.3%
めかけ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先年妻を先立たせて以来、側室も置かない男鰥生活、それだけ真面目な人物であったが、娘を愛する心持ちは、人いちばいれていた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ましてや乙女、おゆうが、秀吉の眼にとまって、秀吉的な情炎の誘惑に、ついにてないでその側室となったのもぜひがない。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
るに奥様は松平和泉守さまからお輿入れになりましたが、四五年にお逝去になり、其のから居りましたのはおという側室
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)