“側近”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そばちか60.0%
そっきん20.0%
そばちこ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ありがたい」と、いってもいってもいい足りないような感謝の声をくりかえして、人々は、姫の側近くに集まった。覚明は牛の手綱を渡して
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ご側近には、湯浅内大臣のような方もおられます。内大臣はあくまでも筋の通った方だと私は信じます。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
山県公の前夫人は公の恋妻であったが二十有余年の鴛鴦の夢破れ、公は片羽鳥となった。その後、現今の貞子夫人が側近う仕えるようになった。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)