“側用人”の読み方と例文
読み方割合
そばようにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
去年、酒井氏が側用人から老中に就任して以来、幕府は一般への倹約令とともに、財政のきびしい緊縮策がとられることになった。
滝口 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
水戸家の元側用人で、一方の統率者なる小四郎は騎馬の側に惣金の馬印を立て、百人ほどの銃隊士にられながら中央の部隊を堅めた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
水戸老公斉昭側用人安島弥次郎に与ふる書に、「何を申も夷狄は迫り居り候へば、勢州は大切の人」と云ひ、福井侯慶永も亦
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)