詩の原理しのげんり
本書を書き出してから、自分は寝食を忘れて兼行し、三カ月にして脱稿した。しかしこの思想をまとめる為には、それよりもずっと永い間、殆ど約十年間を要した。健脳な読者の中には、ずっと昔、自分と室生犀星等が結束した詩の雑誌「感情」の予告に於て、本書の …
作品に特徴的な語句
ライフ しい 自然レアール くも ラブ 感情フイリング 真実ツルース 真実レアール 生活ライフ みき いらだ イデヤ いず はん ざと 法則ルール 頭脳ヘッド こそ 現在ザイン 心情ハート ただち 拍節リズム あわた 情緒センチメント 歌謡リード タイム あじ すぐ 実在レアール ぎら おのず あるい かわき なま はさま すぐ ざま 韻文バース 玩具がんぐ 蠕虫ぜんちゅう 観念イデヤ むな 酒盃しゅはい へつ 小唄リード きわ あい さえ きこ 自我エゴ ふる 英雄ヒーロー さぐ あわただ つかま けだ にく 綴りスペル 藻風そうふう 思慕エロス 散文プローズ えき 彷徨ほうこう つい ちゅう 少女をとめ いい しば きら 讐敵しゅうてき 有るレアール 如何いかん いや おおむ たく ほろ たぐ 仏陀ぶつだ 何故なにゆえ あわ まさ なま かな ほと