“実在”のいろいろな読み方と例文
旧字:實在
読み方割合
じつざい36.4%
まこと18.2%
プレザンス18.2%
レアール9.1%
ほんもの9.1%
リアリチイ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちゃんと実在するので、自分もそのひとりになれないこともないのだと、さてこそ宝くじを買いこむのである。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
香も無き小癪なりきと刀しく是も取って払い、可笑珠運自らたるをおたる事のに憎み今刻み裸体も想像の一塊なるを実在の様に思えば
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
百万年の劫を経た不壊の氷の上に黒土で養われる植物が生きているというような奇怪な「実在」は考えられもしなかった。
南極記 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
一方は宗教感的に、情感の線に触れる実在を求めているのに、一方は純粋に知的であり、観照的に明徹した真実を探している。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
「アッハッハッ、幻じゃ! 実在ではない仮のじゃ!」
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大大大の実在を現象世界以外に求むるにあらずんば、止まざるなり。
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)