“珠運”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“珠運”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
珠運しゅうん梅干渋茶に夢をぬぐい、朝はん平常ふだんよりうまく食いてどろを踏まぬ雪沓ゆきぐつかろ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
珠運しゅうん馬籠まごめに寒あたりして熱となり旅路の心細く二日ばかくるしむ所へ吉兵衛とおたつ尋ねきたり様々の骨折り
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)