“まこと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
30.2%
12.7%
9.5%
8.8%
真実8.7%
7.6%
4.7%
2.8%
2.0%
眞實1.8%
真事1.1%
誠実1.0%
真情0.6%
真理0.6%
0.5%
0.4%
事実0.4%
信実0.4%
0.4%
真個0.3%
誠意0.3%
実在0.3%
0.3%
眞理0.3%
真相0.3%
0.3%
誠實0.3%
0.1%
実情0.1%
0.1%
赤心0.1%
事實0.1%
0.1%
0.1%
信實0.1%
実事0.1%
実正0.1%
実相0.1%
実際0.1%
實事0.1%
心洵0.1%
0.1%
本質0.1%
0.1%
現實0.1%
0.1%
0.1%
眞事0.1%
眞心0.1%
眞成0.1%
眞正0.1%
真心0.1%
真正0.1%
真箇0.1%
至誠0.1%
誠心0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それほど衰弱のしい時にですら、わざわざとこんな道経めいた文句を写す余裕が心にあったのは、今から考えてもに愉快である。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
くんだって、なくすやい。昨日ぐつをっぽおとしてきて、おさんにしかられていたから。」と、ちゃんはいいました。
ボールの行方 (新字新仮名) / 小川未明(著)
に自由であり複雑であったが、感心のことには井上嘉門は、どんな粗末な客であっても、追い返すということはしなかったそうな。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
或る近所の自警団では大杉を目茶苦茶にってやれという密々の相談があるとか、か知らぬがそういう不穏の沙汰を度々耳にした。
最後の大杉 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
剣術は真影流の名人、力は十八人力あったと申します。嘘か真実かは解りませんが、此の事はの土地へ参ったとき承りました。
「きのうは終日、山をあるき、昨夜は近来になく熟睡した。そのせいか、きょうはに気分がよい。風邪も本格的にったとみえる」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
思ふにこの事必ずわが導者の意をえたりしなるべし、かれ氣色いとうるはしくたえず耳をわがのべしの言に傾けき 一二一—一二三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
辰めが一生はあなたにと熱き涙衣物せしは、そもや、なるべきか、新聞こそにならぬ者なれ、にしてある女房を疑いしは
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
國許にござります、につきまして、饒舌りますのに、にこまりますことには、事柄に、つござります。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
よしや千萬里はなれるとも眞實親子兄弟ならば何時つてうといふしみもあれど、ほんの親切といふ一にかヽつてなれば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
同じ寄宿舎にいた信輔は或時彼に真事しやかにバイロンも亦リヴィングストン伝を読み、泣いてやまなかったと言う出たらめを話した。
そういう場合にはやむを得んけれども、今日はもはやその必要はない。ネパール大王が私を信じなければまた他に誠実の方法を求むる外はない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「いいえ、人誰もの苦患はわきまえておりまする。ましていまのような世の中。それをいとは申しませぬ。……ただせめて、人の真情がほしいのです」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いやそうではないそうではない! ……そんな小さな問題ではない! ……宗教の道へ入ってみて、人間は一切平等だという、真理をわしは知ることが出来た。
一枚絵の女 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
孔子曰く、に子にして欲するなくんば、これを賞すとまじ。しかれども魯に孔子を用うることわず。孔子もまた仕うることを求めず。(『孔子全集』、一九六一)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
堅田の祐菴は水の味を知るに於てし。琵琶湖の水、甲処に於て汲む者と乙処に於て汲む者とを弁じてまらざりしといふ。茶博士たるもの、に是の如くなるべき也。
(新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
何からどうして近江屋へこんな因縁をつけるようになったのか、これも狂気の気紛れと断じてしまえばそれまでだが事実近江屋にはめたい筋合は一つもないのだから
世高は老婆の信実のあるが嬉しかった。彼は老婆に挨拶して腰をかけながら言った。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
貴国王、二百年来の通商のを以て、遙かに我が国の利病を察するありて、忠告せらるるの一事、その言極めて懇款たり。かつ別に珍品若干種を恵まる。我が主、感荷す。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
其内に存する甘実を味ふ能はずんば、ろ智者の事ならんや、基督嘗て曰へり我は道なり、生命なり、光なりと真個に基督教を脩めんとするもの、真個に基督教を攻撃せんとする者
戀に人目をぶとは表面、やみ夜もある物を千里のかち跣足誠意は其時こそ見ゆれ、此家よりは遠からぬ染井の別墅に月の幾日を暮すとは、新聞をまたでも知るべき事なり
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
得意も非なり失意も非なり、歓ぶさへもなれば如何で何事の実在ならんとぞ承はりおよぶ、無有寃親想永脱諸悪趣、所詮は御心を刹那にひるがへして、常生適悦心受楽無窮極
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
男の短刀を逃げてゐるのか将又切支丹伴天連仕込みの妖術まがひの愁ひの類ひを逃げてゐるのかにハッキリしてゐないが、これもつきあひの美徳であらう
をみな (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
琵琶の眞理を語り明かさむ。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
真相らしいことは云わなかったが、しかし鴫澤家に寄食する直前、甲州辺りの博徒の家に、賭場防ぎ即ち用心棒として、世話になっていたということを、問わず語りに語ったことがあった。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
是故に国会を開く、に陛下の叡旨の在る所にして亦人民の切に企望する所也
政治の破産者・田中正造 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
つくろひ無き誠實なれば今とて更に衰るよしはなけれど、一にもおらん樣二にもおらん樣と、我がものゝやうに差出たる振舞さりとは物しらずの奴かな、御産湯の昔しより抱き參らせたる老爺さへ
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
禍難に遠からじ、禍難素より小ならじ。 380
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
*テルシタ、汝亂言者、辨はに雄なるも
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
けれども、西宮が実情ある言葉、平田が四苦八苦の胸の中、その情に迫られてしかたなしに承知はした。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
嬉しい中に危ぶまれるような気がして、虚情実情か虚実のに迷いながら吉里の顔を見ると、どう見ても以前の吉里に見えぬ。眼の中に実情が見えるようで、どうしても虚情とは思われぬ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
二六一 人若しと法と不害と禁戒と柔善とあれば、彼こそ已に垢を吐きたる聰き長老と謂はる。
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一九〇 佛と法と僧とに歸依し、正慧を以て四のを觀察し
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なの横笛や、よしや送りし文は拙くとも、變らぬ赤心は此の春秋の永きにても知れ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
よしやにはあらぬ赤心を寄するとも、風や何處と聞き流さん。浮きたる都の艷女に二つなき心盡しのかず/\は我身ながら恥かしや、アヽ心なき人に心して我のみ迷いし愚さよ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
交換へたとは事實か? ならば何故までも交換へなんだぞ? あのがあればこそ、きあうた引離し、朝彦歌聲で、可愛しいお追立てをる。
燕王の言に曰く、始め難にう、むを得ずして兵を以てを救い、誓って奸悪を除き、宗社を安んじ、周公の勲を庶幾せんとす。わざりき少主予が心をとせず、みずから天に絶てりと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「清酒既に載せ、騂牡(赤牛)既に備はり、以て享し以て祀り、以て景福をにす。」
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
信實となし貴妃小町にも勝るとも劣はせじと思ふ程なる美人であれば其樣な病もより有るまじと思ふが故に近所隣家の人にも更に平常の行跡さへも聞事なく
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に会話受持のチャペルという教師は、非常に点数のい人であるから、会話の成績が悪いとあるいは落第するかも知れぬと実事虚事打混ぜて哀訴嘆願に及ぶと、案じるよりも産むが
一日一筆 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
世間の噂は皆実正なり。われと吾身に計り知られぬ罪業を重ねし身。天下、身を置くに処無し。流石法体の身の、かゝる処に来合はせし事、天の与ふる運命にやあらんずらん。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「この一身に、念仏門の実相を具現いたすために。——また、この身をも、念仏門の実光に救われたいがためにです」と、全身すべて信念のりのように構えて、そう答えた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さあ危険は過ぎましたじゃ、市之丞様もりとなされ。はの、実際にあなた方が可愛く思われてならぬのでのう」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
實事と思ひ然らば我等と同職なればく尋る程ならばへ廣き御城下でも知ぬ事は有まじ今夜此方り明日未明より餠屋仲間を一々尋ね見るべし我も仲間帳面
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この篇は世の宗教的経験深き人に示さん為めにはあらずして心洵に神を求めて宗教的生活に入らんとする世の多くの友にめんとて
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
聖人なるも、してくのきことはず。(一〇〇)能仕づるず。富人あり、りてる。
分解されしわが愛の清き本質と形とを
またその後ジャガタラ雀が死んだので、亭主になりすまして居った前のキンパラは遂にキンカ鳥の雌にを通じようとするので、後のキンパラと絶えず争いをして居った。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
いまの現實はいつ覺めむ。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
真個関西志士の、英風我が邦を鼓舞し来れり」。これ彼が高弟高杉晋作の彼を賛するの辞、言いして余蘊なし。にこれ彼が事業の断案といわざるべからず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
仏鉢はに貴く王これをむるはもっともだが、かの木菟入こそしからぬ、あんなありふれた坊主を一億金代りに受け取ったは大勘違いでなかろうかと。
さと云に皆々成程々々と云ら首一ツ持出してサア/\御座頭さんと渡しければ城富は/\有難う御座りますと押戴きわつとばかりに泣出せしが變り果たる此有樣や御無念で御座りませうながら前世因縁思召し假令私の眼が見えねばとて長いには人間の一眞事の人殺しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
まづ學問といふた大底あんなもの、理化學政法などヽびられては、おさまのにいよ/\ざかるべし、皮相學問枯木したもじにて眞心はぬもの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さらずば、君は始より眞成にベルナルドオを愛せざりしか。君が唇のベルナルドオのに觸れしをば、われ猶記す。君でかベルナルドオを愛せざらん。
然し日本の國民が一體に演劇、演劇に限らず凡ての藝術を民族の眞正の聲であると思ふやうな時代は、今日の教育政治の方針で進んで行つたら何百年たつてもるべき望みはないだらうと思ふのです。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
こうして遠くへ来てまで、清の身の上を案じていてやりさえすれば、おれの真心は清に通じるに違いない。通じさえすれば手紙なんぞやる必要はない。やらなければ無事でしてると思ってるだろう。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
冬の闇夜に悪病を負う辻君が人を呼ぶ声のしさは、直ちにこれ、罪障深き人類のみがたき真正の嘆きではあるまいか。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「君は夢を真箇にし、真箇を夢にしているのだ。」
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
至誠をもて彼道を示さん
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ふたつながらに師のめがねにって、やがてその一人むすめを恋妻に、二代法外を名乗って弓削家へ養子にはいろうとしている伴大次郎と、おんなの誠心のすべてを捧げて
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)