大導寺信輔の半生だいどうじしんすけのはんせい――或精神的風景画――――あるせいしんてきふうけいが――
大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だった。彼の記憶に残っているものに美しい町は一つもなかった。美しい家も一つもなかった。殊に彼の家のまわりは穴蔵大工だの駄菓子屋だの古道具屋だのばかりだった。それ等の家々に面した道も泥濘の絶えたことは …
作品に特徴的な語句
いはん 砂埃すなぼこ 惝怳しょうこう そよ がえん 茶碗ぢゃわん かがや のり おわ もつ 傲慢がうまん 嘲笑ちょうしょう みだり あわれ ばし わず 羅紗ラシャ あた そしり かたち おど 軽佻けいてう 不遜ふそん 乱杭らんぐい 云々うんぬん 五味ごみ たたず 俳諧はいかい ぬす 傲然ごうぜん 傷痕きずあと わず そな 几上きじょう いた 動悸どうき 勿論もちろん 厠上しじょう いや 反撥はんぱつ ただ 吝嗇りんしょく 唐紙からかみ 喇叭らっぱ 喧嘩けんか うが うそ あざけ 基督キリスト びん 外套がいとう 大溝おおどぶ 天竺てんじく やつ ねた 嫉妬しっと はら むし 小脇こわき もっと 就中なかんずく がけ 庖丁ほうちょう いたず 復讐ふくしゅう たちま ことごと 憂欝ゆううつ 截断せつだん 所以ゆえん 所謂いわゆる 手垢てあか 抽斗ひきだし 挨拶あいさつ 揶揄やゆ 時雨しぐれ 木曾きそ いま 本所ほんじょ あんず さく はり こずえ 梯子はしご さお 椅子いす たて はん よこた 死骸しがい
題名が同じ作品