予が見神の実験よがけんしんのじっけん
この篇は世の宗教的経験深き人に示さん為めにはあらずして唯だ心洵に神を求めて宗教的生活に入らんとする世の多くの友に薦めんとて也。 予は今予みづからの見神の実験につきて語る所あらむとす。この事、予に於いては多少心苦しからざるに非ず。されど、予は …
作品に特徴的な語句
うれ さふらひ もつ わづらひ をり 心配こゝろづか あづか やが 相済あひな おぼろ はずみ とも 香気かをり さふら 究竟きうきやう くもり 如是かくのごとく もと 薄紗はくしや 光耀くわうえう やゝ あや すなはち をど あるひ 相成あひなり こゝろ さいはひ 彷徨はうくわう 星夜ほしよ 無妄むまう あは わづら わづ むな さしはさ なんぢ 躊躇ちうちよ いま いは 如実さながら いたづ すゝ 書翰しよかん いしずゑ 稍〻やゝ ゆゑ つひ なげう おぼ つなが 所謂いはゆる 所詮しよせん 所以ゆゑん あた 慰藉ゐしや なら 枯槁こかう 疎雑ルーズ おほ とほ めぐ 一毫いちがう たぐ もつ あきら きずつ たふ 鏗然かうぜん 釈迦しやか ふさ 劫火ごふくわ みづか なか をど 吹聴ふいちやう つまづ 現世うつしよ 幼穉えうち