“ほんたう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホンタウ
語句割合
眞實23.3%
真実17.4%
本當16.3%
本当11.6%
眞當8.1%
眞個5.8%
真箇3.5%
本統2.3%
真当2.3%
本島1.2%
真正1.2%
奔騰1.2%
正直1.2%
正眞1.2%
正真1.2%
眞箇1.2%
真個1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でもな、眞實小額雛鷄のお睾丸程きな腫瘤出來ましたぞや、いことよの、それで啼入らッしゃった。
誰に遠慮のない鉄斎老人は、時々かうした真実の事をいつたものだ。ものずきな世間やら、でなかつたら老人自身にすら聞かせたいやうな。
さんれが本當乞食ならおまでのやうに可愛がつてはれないだらうか、振向いててはれまいねとふに
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
まさかにいたほどでもあるまいが、本当ならば見殺ぢや、出家れるまでに宿いて屋根るにはばぬ、追着いて引戻してらう。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
胸の中には絶望の聲——「今度こそ眞當代人が來た。の運命は今日限りだ! アト五時間だ、イヤ三時間だ、二時間だ、一時間だツ!」
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
多分さうした綽名のある何處かの奇人ででもあらうと思つてゐると、それが眞個の陸軍大將西郷隆盛であつたのに驚いたことは、今でも半月に一度ぐらゐ思ひ出してゐる。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
『はゝゝゝゝ、君は直に左様るから不可。なにも君だと言つた訳では無いよ。真箇に、君のやうな人には戯語も言へない。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
落語家見識からすると、『新玉の』は本統發句だが、『の』は無茶だとして、それで聽衆はせようとするんだが、なりだ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
わしは驚ろいたよ お前のの話の中でそれだけは真当のことだよ
『いや、豫定通り、明日試運轉式で、それより一週間以内には、本島出發する出來ませう。』とひつゝ、日出雄少年つて
櫻木大佐等は二十四夜半電光艇じて、本島れ、翌日拂曉には、橄欖島島蔭到着する約束
今は貴嬢真正に貴嬢の一心を以て、永遠の進退を定めなさるべき時機である、——愛の子か、の子か——けれど君の姉さんが此際、撰択の道をつ如き
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
真正に貴嬢ばかりは別だつたワ——他人様のことばかり言へないの、私だつてもネ、梅子さん、笑つちや厭よ、道時のことでは何程貴嬢の御世話様になつたか知れないワ、私
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
聳然奔騰しようとするしつけ/\疾風んでげた。はゆらり/\とのみいて東隣がふはりとけて遮斷した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
少しもい言ひ分ぢやありません、正直のことです、——実直に働いてるものは家もなく食物もなく、監獄へ往つたり、餓死したり、鉄道往生したりして、利己主義の悪人が其の血を
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
正眞の教育者といふものは、其完全無缺な規定の細目を守つて、一毫亂れざるに授業を進めて行かなければならない、若しさもなければ、小にしては其教へる生徒の父兄
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
正真の教育者といふものは、其完全無欠な規定の細目を守つて、一毫乱れざるに授業を進めて行かなければならない、若しさもなければ、小にしては其教へる生徒の父兄
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
眞箇に何時も/\先生に許り御迷惑をかけて。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼男饒舌家で、真個に仕方が無い奴だ。』と独語のやうに言つた。やがて、銀之助は何か思ひついたやうに、『何ですか、勝野君は其様に御寺へ出掛けたんですか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)