“無茶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むちゃ72.7%
むちや27.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は誘拐されたのにちがいない。だが、銀座のまん中で、女給をさらうというような無茶なまねをする男が、今の世にあるだろうか。あまりに人間離れのした非常識ではないか。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
それは無茶ないい方です。『エネルギー恒存の法則』というのがあります。これは、宇宙にあるエネルギーを合わせたものは、いつも同じ量であって、ふえたり、へったりしない。
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
父親先刻よりぐみしてぢてけるが、あゝ御袋無茶ふてはならぬ、しさへめていてうしたかと思案にくれる
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
落語家見識からすると、『新玉の』は本統發句だが、『の』は無茶だとして、それで聽衆はせようとするんだが、なりだ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)