雲は天才であるくもはてんさいである
六月三十日、S——村尋常高等小学校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常の如く極めて活気のない懶うげな悲鳴をあげて、——恐らく此時計までが学校教師の単調なる生活に感化されたのであらう、——午後の第三時を報じた。大方今は既四時近いのであらうか。 …
作品に特徴的な語句
いづく ぢぢい とこ かたへ 如何どれ わな 以前これまで はづ あたた いい おほい せゐ づつ にほひ うべ うま えい 坑道つかあな 彼方あつち 心情こころもち 漸々やうやう まづ 泥濘ぬかり とこし さあべる 真実ほんたう ゆみづる つまび てあひ まつ 父親おやぢ いしころ 顔色がんしよく 何処いづく 紹介ひきあはせ 偸視ゆし きり かねし あひだ 戦闘たたかひ 如何どう 大気アトモスフエーヤ もの 新田あらた 早速すぐ ふくま 吝嗇しみつたれ には いひ 悉皆しつかい 洒々しやあしやあ 一日いちんち つぶ 談合かたりあ よろづ 読本リーダー 現身げんしん 不可いかん 凝然ぢつ 彷徨うろつ 女神ぢよしん 白髪しろかみ 規定おきまり 壮健たつしや はぐ 三歳みつつ あへ 獅子ライオン 遂々たうたう はや 火箭くわせん ちつ いさぎ めぐ 凝視みつめ 冷気ひえ また ぜん 襯衣しやつ 必然きつと 種々さまざま 卓子テイブル 悉皆すつかり 正真ほんたう 可成なるべく 湿うる わし 羅馬ロウマ 左様さう 滔々たうたう めぐ まま 蟄居ちつきよ 彼方あちら 襁褓おしめ
題名が同じ作品
雲は天才である (旧字旧仮名)石川啄木 (著)