雲は天才であるくもはてんさいである
六月三十日、S——村尋常高等小學校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常の如く極めて活氣のない懶うげな悲鳴をあげて、——恐らく此時計までが學校教師の單調なる生活に感化されたのであらう、——午後の第三時を報じた。大方今は既四時近いのであらうか。 …
作品に特徴的な語句
とこ わな まま 如何どれ いゝ なごや あつた たつと はづ せゐ うま ぢやう とこし 彼方あつち ぷん いしころ しま つまび 突伏つつぷ まつ づゝ てあひ 此方こつち 不可いかん 眞實ほんと げい 以前まへ 早速すぐ 現身げんしん 難有ありがたく には 吝嗇しみつたれ もの 談合かたりあ ふくま いひ 如何どう むべ ぷく 不拘かゝはらず はぐ ちつ たぐひ かく ともな またゝ はや 獅子ライオン 襯衣しやつ 凝然ぢつ 凝視みつめ 規定おきまり 可成なるべく せん 周圍あたり 悉皆すつかり ひそ うしろ 讀本リーダー 彷徨うろつ 這裏このうら 無考むかんがへ 火箭くわせん さい 此室こゝ 正眞ほんたう 草履ざうり しん ほう いが 蟄居ちつきよ 文典グランマー 襁褓おしめ いふ はら 洒落しやれ 浮標うき 戰鬪たたかひ 恰度ちやうど 心情こゝろもち また 火盞ひざら てい 幾何いくら 平生いつも 平常いつも 際立きはだ
題名が同じ作品
雲は天才である (新字旧仮名)石川啄木 (著)