雲は天才であるくもはてんさいである
六月三十日、S——村尋常高等小學校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常の如く極めて活氣のない懶うげな悲鳴をあげて、——恐らく此時計までが學校教師の單調なる生活に感化されたのであらう、——午後の第三時を …
作品に特徴的な語句
牡蠣かき 披瀝ひれき 冷汗ひやあせ かす はた 貴君あなた 乾坤けんこん 烽火のろし 蟄居ちつきよ 孜々せつせ 比喩ひゆ 解脱げだつ 彼是かれこれ 彼我ひが いなづま どう 二歳ふたつ とち 四邊あたり なあ 惡戯いたづら 洋杖ステッキ けが 現身げんしん 衣嚢かくし 諸手もろて まま 十八番おはこ 甚麽どんな 一歳ひとつ よろづ 感冒かぜ 有勝ありがち 浮標うき ひそ 他目よそめ 突伏つつぷ 主婦かみ 嫣然につこり あたり つるぎ おと 不拘かゝはらず 左樣さう 這麽こんな 歩調あしどり 周圍あたり 眞實ほんと かく 洋袴ズボン 此室こゝ 此邊このへん ほう がい 化生けしやう 火箭くわせん 三戸さんのへ 保護者パトロン 枝振えだぶり いなご 目障めざは 女神めがみ 所有もの 平日いつも いふ 少許すこしばかり 墓標はかじるし 以後これから 匡正きやうせい 樹脂やに 被服ひふく 這裏このうら 値踏ねぶ 火盞ひざら 無宙むちう 偸視ぬすみみ 大儒たいじゆ 無考むかんがへ 規定おきまり 其限それつきり 大氣アトモスフィーヤ 文典グランマー 調査しらべ 談合かたりあ 頬片ほつぺた 高麗人かうらいじん あご 戰鬪たたかひ 搖籃ゆりかご 放浪者ごろつき 生來うまれつき 寛裕おほめ 海洋わだつみ 兒女じぢよ 壯健たつしや 牝鷄ひんけい 紅血こうけつ 老父おやぢ 自然生じねんじよ
題名が同じ作品
雲は天才である (新字旧仮名)石川啄木 (著)