“洒々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃあしゃあ32.1%
しやあ/\25.0%
しゃしゃ21.4%
しやあしやあ10.7%
しあ/\3.6%
さらさら3.6%
しや/\3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なにしろ、軽口師でございと大嘘をいって、あげくの果に追いだされた彼のこと。しかし、カムポスはご心配なくと、自信あるのか洒々たるものだ。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「ちよつと散歩に行つて来ると云つて出たので御飯も食べないで待つてゐれば、洒々と斯んなところに来てゐるなんて……」
競馬の日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
虫籠、絵団扇蚊帳青簾風鈴葭簀、燈籠、盆景のような洒々たる器物や装飾品が何処の国に見られよう。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
私の隣組には幼児や老人達がたくさんゐるが、物資の不足といふ一点をのぞけば爆撃に対しては不感症の如く洒々としてゐる。
予告殺人事件 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
然し洒々と云つても何も惡氣のある洒々ではないのだよ。だからあの亭主のやうにうまく對手を丸めて歸すとか何とかいふ手段をも一つも執ることが出來ないのだね。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
「蝶ちゃんのおっかさんも、老いたね。もうもとの、人を操縦する技倆に自信をもって誰でも呑んでかゝったあの洒々した落付きはなくなったね」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
奧座敷へ氣を兼ねるらしいをしつゝ、洒々として言つた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)