“しや/\”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
灑々66.7%
洒々33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古人曰、「大丈夫胸中灑々落落。如光風霽月。任自然。何ラン一毫之動心哉」(○明、王耐軒筆疇の語)と、是即ち標的なり。
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
千万謝言の後、架上の書をいて読んだと云ふ、その灑々たる風度が、に愛すべきである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
奧座敷へ氣を兼ねるらしいをしつゝ、洒々として言つた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)