“しやあしやあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
洒々60.0%
洒唖洒唖20.0%
洒蛙洒蛙20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『大変な事になるんですね。』と自分は極めて洒々たるものである。尤も此お説法中は、時々失笑を禁じえなんだので、それを噛み殺すに不些少骨を折つたが。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
嘘をつくと承知しないぞ言はれたので、今までしたこと、あることないことを洒唖洒唖と言つた。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
もし又私の想像に反して、女が案外平気で洒蛙洒蛙して居つたら、私の美しい憧憬は破れ、私の美しい幻は即座に消えてしまふであらう。さうなれば私の方で苦痛だ。
二黒の巳 (新字旧仮名) / 平出修(著)