生々流転しょうじょうるてん
遁れて都を出ました。鉄道線路のガードの下を潜り橋を渡りました。わたくしは尚それまで、振り払うようにして来たわたくしの袂の端を掴む二本の重い男の腕を感じておりましたが、ガードを抜けて急に泥のにおいのする水っぽい闇に向き合うころからその袂はだん …
作品に特徴的な語句
うぶ あや ざら 発見みっけ こう ざわ いら しっ あが あたたま うつろ ふりかえ 帽子もうす はぐ 交際づきあ あわ たすか かず 周章うろたえ こゞ きつ さい うわ ひら 歔欷すす よう しょう 穿ほじ おお きざ やせこ ぼや 洒々さらさら びた さわ 痛痒かゆ うずくま なま とぼ ばな 大沼おの 女房おかみ 応答うけこた ごしら あきらか かわ つけ ゆで しる ぶた うなず はず 下手したて 不審いぶ はた かたむき ほう そね たか かそ 往昔かみ かな よじ こじ くび すわ 泥濘ぬかる くゆ 眩暈めま がえ 艶冶つや 蜿蜒うね すみ