“ほん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホン
語句割合
34.4%
18.2%
13.9%
書籍8.5%
書物7.4%
2.6%
1.7%
1.7%
1.7%
1.4%
1.1%
脚本0.9%
0.9%
眞實0.9%
0.6%
些少0.6%
0.6%
0.6%
真実0.6%
洋書0.3%
写本0.3%
0.3%
本当0.3%
真個0.3%
真正0.3%
赤本0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大根を三四ぶらげて、今日御馳走つてたとつて、それを宜道てもらつてつた。宜道宗助相伴をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
両親はまだ四十前の働者、母は好人物で、吾児にさへも強い一つ掛けぬといふ、父は又父で、村には珍らしく酒も左程まず
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
今日は折柄の日曜日、読了へたのを返して何か別のを借りようと思つて、まだ暑くならぬ午前の八時頃に小川家を訪ねたのだ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そうでもあるまい、相当であろうぞ。……もっとも『赤蝦夷風説考』などという、しちむずかしい書籍を作り、ロシアとの貿易を
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
尤もあの男の事だから、書物といつたつてたんと読んでゐる訳でもあるまいが、源平盛衰記と太平記とだけはが悉皆暗記してゐる。
あら、しつとりしてるわ、夜露いんだよ。にそんなものにけて、あなたいでせう。とに養生深が、御病氣擧句だといふし、いわねえ。
三尺角拾遺:(木精) (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
あらかじめ観客の注意を散在せしめないために、階下の一帯を消燈しておいたので、廊下の壁燈がのりと一ついているだけ、広間も周囲の室も真暗である。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
曾に三以下の官は、意のままに任免することをお許しになり、宰相の着ける蟒衣玉帯に添えて名馬をくだされた。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それが悪るいと小言をいふたら何の私にも家が有ますとて出て来るが宜からうでは無いか、に馬鹿々々しいとつてはそれほどの事を今日が日まで黙つてゐるといふ事が有ります物か
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
帰路は海に沿うて南し、常陸の潮来に遊んだ。服部南郭の昔俗謡をした所で、当時猶狭斜の盛を見ることが出来たであらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
学問の進歩が極点に達した時なら知らず、何も彼も多くは疑問として存しての理窟の言現はし方を少し違へた位で総て研究に属してゐる今日では学者と無学者とは相去る事幾何も無い。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
「だから——だからいうんだ、あたしァ。——芸だって、脚本だって、むかしァだれより新しいといわれた人なんだ。」
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
つて見た處が山崎町の裏住居は/\目も當られぬ始末御新造樣なども誠に見るもなきしがなひ體裁御目に懸るさへももう誠に御氣の毒千萬に/\御痛はしき事也大恩受たる大橋文右衞門樣が彼樣に御難儀なさるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それとも親故かとつてかれるにおかなしくりて、だとて人間でござんすほどにしはにしみるもありまする、くになくなつて眞實ばかり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此方も会ふのが億劫で、いつか/\と思ひながら、今だに着手もせずにると始末です、今日お話をるのは荒筋で、年月などはして記憶してらんのですから
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
沢山おっしゃいまし。——う片手間の、あの、些少の真似事でございます。」
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その晩は、私もの出来心で、——若い内に有勝な量見から。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「あれ、お前のようにおだと、私が困るじゃないか。そんなに言う程の物じゃないんだよ。お前がよく勤めておくれだから、の私の志と思っておくれ。……いいからさ、それは仕舞ってお置き」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それとも親かとに成つて聞かれるにお力かなしく成りて、私だとて人間でござんすほどに少しは心にしみる事もありまする、親は早くになくなつて今は真実の手と足ばかり
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そのつた赤皮瀟洒洋書
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
洋書金字時雨
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
中風のがあったが、しかし彼の作る写本は、割に評判がよかった、商売にならない位値が安かったせいもある。見習弟子は薄ぼんやりで余り役に立たなかった。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
あんなやかましいおばあさんがいたってさせるのに、家でさせてくれないなんて——だというならいってごらん本当だから! 買っとくれったら買っとくれ、月琴も一緒に!
ろしい、つてす、とのものがつたつけの……真個孤屋つて、狸婆が、色仕掛けで強請つて、ではにするでがすが、旦那はしつたか
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「お光坊何を案じて居るの。何を考えて居るの。真正のお父さんお母さんに逢いたいの。何が悲しいの。お泣きでないよ、わたしたちが見て居るよ」といい顔にじっと此方を眺めて居る。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
降りてもらう。下せど下せど綱は底触れず、頭上の裂罅も一線とほそまり——なんていうのが、地下鉄売りの赤本にあるよ
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)