“ぽん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ポン
語句割合
96.6%
2.8%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのしいはれてゐたを、ふと一小松すと、不思議なものでも見付けたやうに、くそれにらした。
日の光を浴びて (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
天照大神子孫、神武天皇より九十五代の、後醍醐天皇第一の皇子、一兵部卿親王護良、逆臣のため亡ぼされ、怨みを泉下に報ぜんために、只今自害するありさま見置きて
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
の旗、錦繍幡旗、さっと隊を開いたかと見れば駿馬は龍爪を掻いて、堂々たる鞍上の一偉夫を、袁紹の前へと馳け寄せてきた。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)