“もの”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モノ
語句割合
39.6%
23.8%
所有3.5%
3.5%
2.9%
2.7%
1.8%
1.2%
1.1%
1.0%
0.6%
0.5%
0.5%
器物0.4%
物品0.4%
物象0.4%
作品0.3%
存在0.3%
0.3%
品質0.3%
0.3%
東西0.3%
車夫0.3%
食物0.3%
鬼神0.2%
0.2%
0.2%
物価0.2%
財産0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
岩石0.2%
0.2%
料理0.2%
0.2%
物体0.2%
着衣0.2%
衣類0.2%
0.2%
0.2%
魍魎0.2%
0.2%
0.2%
事実0.1%
0.1%
0.1%
役者0.1%
0.1%
0.1%
万物0.1%
事物0.1%
人間0.1%
作物0.1%
0.1%
0.1%
価格0.1%
信号0.1%
光景0.1%
入費0.1%
初阪0.1%
動物0.1%
0.1%
品物0.1%
0.1%
外物0.1%
奇観0.1%
0.1%
0.1%
婦人0.1%
子供0.1%
実物0.1%
家畜0.1%
対象0.1%
専有0.1%
後裔0.1%
必要0.1%
0.1%
感興0.1%
所有品0.1%
新造0.1%
春心0.1%
書籍0.1%
0.1%
核心0.1%
武器0.1%
0.1%
漢子0.1%
物像0.1%
物資0.1%
物質0.1%
現物0.1%
現金0.1%
0.1%
用事0.1%
男女0.1%
0.1%
盗賊0.1%
0.1%
盜賊0.1%
着物0.1%
研究劇団0.1%
禽獣0.1%
0.1%
稿0.1%
純益0.1%
0.1%
芸妓0.1%
萬象0.1%
藝術0.1%
0.1%
言葉0.1%
言語0.1%
諸法0.1%
0.1%
負債0.1%
貨幣0.1%
賄賂0.1%
資金0.1%
足跡0.1%
0.1%
連中0.1%
道具0.1%
0.1%
0.1%
金銭0.1%
銘刀0.1%
鏡餅0.1%
0.1%
霊物0.1%
頭巾0.1%
食事0.1%
飼料0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから平常をおうたいになり、らしておいでなさるときは、けっして、さびしいということはなかったのであります。
町のお姫さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
(四三)は、(四四)悍勇にしてんじ、してす。(四五)其勢つて利導す。
「お前はお嫁になることもできないで、おんだされたのをじないの。まだ人の家の財産を自分の所有にしているつもりなの。」
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
若き御連枝はムッとしてそのまま訪問されず、しかも、その人も配偶をむかえてから、はなかったとのをもたれたのだから悲しい。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
は不孝不弟であるから、死期がもうせまっているのだ。僅かな田地も汝のにならない。持っていてどうするつもりなのだ。」
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
他の一人 いや、手前こそ、お邪魔になるところへ小長いを突き出しておって、不調法をつかまつりました。平に御勘弁を。
稲生播磨守 (新字新仮名) / 林不忘(著)
事情を知らない引船と禿は、さっきここを出て行く前に、次の部屋へ、大名の姫君でもせるような豪奢なを敷いて行った。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「予は自ら誓えり、世を終るまで鏡を見じと、り断じて鏡を見まじ。否これを見ざるのみならず、今思出したる鏡というの名さえ、務めて忘れねばならぬなり。」
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私は今この花を見捨ててぬるのがうくその花辺に彽徊しつついる内になく次の句が浮んだ。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
拔放し喜内が寢たる上に打跨をも云ずれと咽喉刺貫せば喜内はアツと聲を立しが元來物に動ぜぬ人なれば心を鎭めて考ふるにに貫きし刀の刄右の方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……ホ、ホ、ホ、ホ、そういうたとて、名古屋山三や政宗どの程な晴れ着でもない、ただがついていぬというだけの、さあ世話をやかせずに袖を通してみなされ
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
田舎の愚直を丸出しにして、返事によってはただではおかぬと詰めよる。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
みのるがそれ迄に少しづゝ書き溜めておいたのある事を知つてゐた義男は、それにこの規程の分だけを書き足して送つた方が好いと云つてみのるに勸めたのであつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
今しも台所にては下婢器物洗ふ音ばかりして家内静かに、他には人ある様子もなく、何心なくいたづらに黒文字を舌端らせなどして居し女、ぷつりと其を噛み切つてぷいと吹き飛ばし
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
渠等無頼なる幾度擧動繰返すにならねど、ふが隨意若干物品じて、惡戲ぜざらむことをするをて、蛇食暫時休憩きぬ。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
耳に風がうなり、睫毛に霧が痛いほどぶつかッて後ろになる。地の物象すべて——町、森、原野、山波、渓流——点々たる部落の羊や牛の影までが見る見るあとへぎられて行く。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
染附の、大きな皿は、ルイ王朝時代のものを模した奴で、これは、戦後の作品ではない。疎開して置いたものに違いない。この皿は、昔のまんまだ、少くとも、これだけは。
神戸 (新字新仮名) / 古川緑波(著)
したがって「五蘊は空」だということは、つまり、世間にある一切の存在はみんな空だということになるのであります。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「戦場ゆえ、平馬めは、貸すのはイヤだという。おいっ、たれかほかに、於通に馬をかして、みずからは口輪をとって、犬山まで歩いてやるような、優雅はおらんか。たれでもよいぞ」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此狆の胸掛は百合子さんのリボンと同じ品質だと思いながら、乃公は狆の目を突付いてやった。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「不貞? ——そうかな。お稲はもと、甲府のやなぎ町へ、江戸から流れて来た旅芸者、それを鮎川の親分仁介が、根びきをした持ちだと——おれは聞いたが」
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは毛巡税と云う者の住んでいた家で、五六年前に瘟疫で一家の者が死絶えて、今では住んでいる者は無いはずであるが、それでも時どき小供が出て来て東西を買うのを見たことがあるから
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その日も暮れ近く旦那つりより恵比須がほして帰らるれば、御新造も続いて、安産の喜びに送りの車夫にまで愛想よく、今宵を仕舞へば又見舞ひまする、明日は早くに共のれなりとも
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
茶をついでやったり、お重箱食物を出して与えたりしましたが、お粂がもてなせばもてなしてやる程、次郎はもじもじして、いつもの野趣の風がない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
帷帳を周らした中は、ほの暗かつた。其でも、山の鬼神、野の魍魎を避ける為の燈の渦が、ぼうと梁に張り渡した頂板に揺らめいて居るのが頼もしい気を深めた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
陰に廻りて機關の糸を引しは藤本の仕業に極まりぬ、よし級は上にせよ、は出來るにせよ、龍華寺さまの若旦那にせよ、大黒屋の美登利紙一枚のお世話にも預からぬ物を
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
余は此書の価直を論ずるよりも寧ろ此著の精神をふを主とするなり。即ち紅葉が粋と侠とを集めて一美人を作り、其一代記をしたる中に、如何なる美があるを探らんとするなり。
其うち物価次第高くなり、お秀三人のは益々困難に成って来た。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それではお前此娘の一生も可愛さうだし、また一人ツぽちになつた、私は誰が養ひますえ、お前は今でもたくさん家に、財産があるとお思ひか知らないが、さうさう居喰も出来ないよ。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
にいつもらつかまへて、尻上りの、すました調子で、かものをいつてなかつたことはんどい、それにからいてたことはてないので
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
血を吐くやうな うさ、たゆけさ
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
お可久は、鮓の皿や汚れを、台所へ片づけて、風呂に入った。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一体あの宗旨では、若いまでがそれは生意気でございましてね、ほんとでございますよ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
地質調査をするときはこんなどこから来たかわからないあいまいな岩石鉄槌を加えてはいけないと教えようかな。すぐの前を及川手拭いて黄色のいでいるし、おうかな。
台川 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
物思へばものみな転寝に玉の螺鈿の枕をするも
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
まア此寒いのに可愛い手で足をてゝるところはうだえ、……可愛想だなー、……残余つた料理があつたツけ……賓客した料理に取つてあるだらう、……アーそれさ
杯が小さいと見えて、ほかの大きなしても、あッけないくらいなものだった。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わっと叫ぶに泰助も驚きて、見遣る座敷の入口に、のごとき物体あって、朦朧として漂えり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「おくるしいんですか。え、おれませんか。上の着衣など、お脱ぎになっては」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
に我輩が何か言はうものなら、私は斯様裸体で嫁に来やしなかつたなんて、其を言はれると一言も無い。実際、彼奴が持つて来た衣類は、皆な我輩が飲んで了つたのだから——はゝゝゝゝ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「なあに、好い加減さ。雅号なんざ、どうだって、さえたしかなら構わない主義だ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
こんな約束が、人ととの間にあって後、村々の人は、石城の中に、ゆったりとむことが出来る様になった。そうでない村々では、何者でも、垣を躍り越えて這入って来る。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
帷帳らした中は、ほの暗かった。其でも、山の鬼神、野の魍魎を避ける為の灯の渦が、ぼうとに張り渡した頂板に揺めいて居るのが、たのもしい気を深めた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
この時、風一陣、窓に近きありてみしようなる音す。青年は筆を止めて耳傾くるさまなりしが
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
一体此辺らは四月時分には随分大きなもかゝります。
腹立紛れに贋物を取ッて骨灰微塵と打砕き、ホッと一息き敢えずまた穿鑿に取懸り、また贋物を掴ませられてまた事実にしてまた打砕き、打砕いてはまた掴み、掴んではまた打砕くと
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ウカウカと文三がませられるままに掴んで、あえだりだり円めたり、また引延ばしたりして骨を折て事実にしてしまい、今目前にその事が出来したように足掻きつきつ四苦八苦の苦楚
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
春の夜を淋しく交る白い糸を、の下に抜くもうく、世のままに、人のままに、また取る年の積るままに捨てて吹かるるは小夜子の方に向いている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
姿勢を変えるさえうく見えた男はただ
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
陰に廻りて機関の糸を引しは藤本の仕業にまりぬ、よし級は上にせよ、は出来るにせよ、龍華寺さまの若旦那にせよ、大黒屋の美登利紙一枚のお世話にも預からぬ物を
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それは仕方が無いとめるから、お前は何もないで宜いから唯横町の組だといふ名で、威張つてさへくれると豪気人気がつくからね、己れはこんな無学漢だのにお前はが出来るからね
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「そうじゃないか、彼女は立派な役者だ。男だったら、の相手だがと、だから、高田先生に言ったんだ。」
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
緞帳芝居——小芝居へ落ちていた役者は、大劇場出身者で、名題役者でも、帰り新参となって三階の相中部屋に入れこみで鏡台を並べさせ、相中並の役を与え、か三場処ほど謹慎しなければ
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「一山三塔へは慈円より、あらためて道理を明白に申し伝うびょう候と。——わかったか」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それでは、まだ童形でご修行あるはずの法規でございます。古来からの山門の伝習をお破りあそばしては、恐れながら、一山のが、不法を鳴らして、うるそう騒ぎはいたしませぬか」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてそれには財産がきたらその中から、相当のをやって追っ払うのが一番いい。そういうことにしましょうとお高は決心した。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
その結果、若松屋惣七から相当のを託された金飛脚が、掛川宿へ駈けつけたのだがそのときは、それやこれやを苦に病んで、つまり、どっちかといえば、気の小さな男だったのだろう。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ところが一切の万物は、もちつもたれつの存在であるばかりでなく、すべてのものは、ちょうどの水のようにつねに流れているのです。動いているのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
加之段々、予期していたことが、実際とは違って来るのに、気が付くに連れて、世の中の事物が、何も彼も大抵興が醒めたような心持がする。——昨夕のお宮が丁度それだ。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「これこれ若者、馬鹿なことを申せ、いずれお前は旅の人間でこの土地の様子を知らぬからこそさような太平楽も申しておれ、恐ろしいこの土地の話を聞いたら恐らく身顫いするであろうぞ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今は成り果てて仕舞ひました、何だだと取られるは多くなる、れる作物に変りは無い、其れで山へも入ることがならねい、草も迂濶ることがならねい、小児は学校へらにやならねい
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
もともとお蔵屋敷のといえば、武士であって町人のような、金づかいのきれいな物毎に行きわたった世れた人が選まれ、金座、銀座
うもさう一時めてかれるとらぬね、祖父拝領をしたものぢやがね、かはが買つたんだ、貴様見込があるぢやらう、此四品で。
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
大概堀切に居らっしゃると思いやしたから、一緒に連れて来たんで、三百両ぐらいの価格は有るんだが、即金ならば百両でもいというんですが、それが三百両とか五百両とかになれば
「それが宜い、俺や信号を揚げるぞ。」と磯二は棹の先に手拭をくゝり付けようとすると、平七は慌てて
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
あんな光景を見なければよかった。今夜まで何も知らずに寝ていたらドンナにか気楽でよかったろう。明日の朝起きてみたら、皆騒いでいる。材木置場で可愛い娘が絞殺されている。
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ナニしうがす、脊負きます、たけ入費らぬしうがすから。「いかえ。金「エヽうがすとも。と早桶脊負焼場鑑札つてドン/\焼場まして。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
擦違った人は、初阪の顔を見て皆を含む。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何だか変な動物が時々来るよといっておったそうである。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りてして嫡妻とす。ここにその孃子、常に種種のを設けて、恆にそのに食はしめき。
たかがセルのコートを一枚買うのに、いろいろ番頭の出して見せる品物
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
池田 いや、このたびの殿の御乱行には、彼らの中の心あるは、みな眉をめておるのだ。聞こえたとてかまわん。
稲生播磨守 (新字新仮名) / 林不忘(著)
あたえられたる外物により、またあたえられたるこの肉体の経験を通して、霊智にまですすみゆくべき消息が、このようにして人間生活のあらゆる断面に現われているのは至妙である。
たましいの教育 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
家人の群も多くあり、そこに、麗しく珍しき奇観多くあれど
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
「北京にゐるは、何うも行くのをいやがりましてな。何しろ遠いんですから。向うから来てゐるでないと、何うしても行かうとは言はないんです?」
(新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
にもある人のから艶書を持って来て返事をやるような文治と心得てるか、の為に文治の所へ来て居る、ア畳の上じゃアねえから
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
小六のは白かりき。色の黒き婦人にては、木戸にるが稀なりとて、さる価をぞ払いしなる。手品師はずるに半ば死したる小六の身のそのうつくしくかなりし鳩尾一斤の肉を買いしなり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
笹村は手紙をそこへり出して、淋しく笑った。そして「もう自分の子供じゃない。」とそう思っている母親をれまずにはいられなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
昔の神事に使った極めて古い実物だと言って、相当に高く売りつけられたものが、実は極く新しい贋物だったりする。
南島譚:03 雞 (新字新仮名) / 中島敦(著)
野豚でなきやあ、屹度、仔豚か何か、ほかの家畜に違えねえ。おらの尻の下でしよつちゆう、何かもぞもぞしてゐよつただから。
無闇にお喋りをしたりせずにはいられなかったような対象も、一向面白くもなければ可笑しくもなく、今は平気で見過ごすことができ、固く結んだ私の唇にはただ無関心な沈黙が宿るに過ぎない。
一人の農夫が草鞋穿、ぐいと『てツぱ』(こつぷ酒)を引掛けて居たが、て其男の姿も見えなくなつて、炉辺は唯二人の専有となつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
最後の後裔現世にて、未だ曾て類ひなき極悪人たらしめて、彼の重ねる悪業の、一つ一つに先祖の亡霊どもがの中で安息を掻き乱され、娑婆では知られぬ苦悩を忍び
しかも、それ位の算盤なら何もわざわざ、印度洋のマン中まで出て来てくが必要はないのだ。忠兵衛さんじゃあるまいし。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
母子だけしか知らない温かいっているかもしれないと、思うことだった。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
聴衆は綾之助の名と、綾之助の芸から、すこしでも多く、期待した感興を得ようとした。
豊竹呂昇 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「それじゃこうしたらどうだろう。お徳の部屋の戸棚の下を明けて当分ともかく彼処へ炭を入れることにしたら。そしてお徳の所有品は中の部屋の戸棚整理けて入れたら」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
手拭で汗をく度に肉がげて目に見えて手足が細くなった、それさえ我儘をさしちゃあおきませなんだ、貴女は御全盛のおに、と小刀針で自分が使う新造にまでかかることを言われながら
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
紅蘭に似るそのにもいっぱいな春心をいわせながらである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
空虚な家庭内の淋しき生の悩みなどで神経的な沈鬱な性情に変化していたことは日記や書籍を通じてうかがい知れる、けれども近頃読で居た地袋の新刊書籍から測るに
誘拐者 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
「ナニ、一寸面白いを讀んでたものだつたから……え、如何したの、遊びかい、用事かい?」
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
万人の翹望する上流階級の特権なるものは皆この悪魔道に関する特権に外ならず。人類の日常祈るところの核心は皆、この外道精神の満足に他ならず。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
だから僕は決して武器などを携帯しないように気をつけています。自分を制しきれなくなってそんな武器を振り廻しちゃ大変ですからね、そんなときには僕の意思というものが留守になっています。
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
空なる状態 まことに、因縁より生ずる一切は、ことごとく空です。空なる状態にあるのです。まさしく「樹を割りてみよ、花のありかを」です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
の様な不都合な漢子を置くのは、国体上容易ならぬことと心着きまして、私から教会へ指図して放逐致した次第で御座りまする——承りますれば、彼奴等平生
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それらの物像背後にして、痩せた、身長の高い左門が、左手に刀を持ち、その拳を腰の上へあて、右手の拳も腰の上へあて、昆虫が飛び足を張ったような形で、落ち着きはらって立っている姿は
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
無論物惜しみをせず女に物資をくれてやり得らるるからではあるが、女に損を爲せないと云ふのが永井式やり方である。
永井荷風といふ男 (旧字旧仮名) / 生田葵山(著)
五穀は豊饒だし、塩は増産されるし、風土はよし、物質にも、天然にも、余りめぐまれているので、おまえ達、町人初め、百姓も、藩士も、貧困を知らずに少しんびりしすぎておるよ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それで、現物はどこに蔵い込んであるのか判っているのか。それがはっきり判っていなけァその芸当は出来ねえぜ」
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
珍奇な、天瓜冬の砂糖菓子に小判を潜めて、賄賂を贈る風習だった。天瓜冬の砂糖漬といえば、やるほうにも貰うほうにも、菓子のあいだに相当の現金めてある、無言の了解があった。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
町人のゆらしている煙は西国煙草らしい。それも阿波煙草や薩摩煙草ではなく中国だ——。そんな事を考えたりして、釣糸に心はいていないのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし、女中に用事一つ言いつけるにも、まずかんにんどっせとるように言ってからという登勢の腰の低さには、どんなあらくれも暖簾に腕押しであった。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
赤味を失わないで、今にも、糸のように細いを、二人の男女へ、したたらせはしまいかと思われた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
喜「お酌をして上げな、大きいで」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
渡辺の金吾は誠の盗賊に成りぬ、やがては明治の何と肩がきのつくべきほど、おそろしがらるゝ身かへりて恐ろしく、此処を離れて知らぬ土地に走らんと思ひたる事もあり
琴の音 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たのサ又此方さんも其金はやらした樣だがした物ならするは私が商賣ぢやサアきり/\と渡さぬか命までを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
渡邊の金吾は誠の盜賊に成りぬ、やがては明治の何と肩がきのつくべきほど、おそろしがらるゝ身かへりて恐ろしく、此處を離れて知らぬ土地に走らんと思ひたる事もあり
琴の音 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「おう、これじゃアあんまりだから、小ざっぱりした着物とあっちの帯を出してくんねえ。」
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「こんど、菊五郎と、狂言座という研究劇団を組織して、帝劇で、坪内先生の楽劇『浦島』をやらせて頂けるので、浜子さんに、箏を引受けてもらいたいので——」
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
縦令ひ主命とはいひながら、罪なき禽獣らにめんは、快き事にあらず。彼の金眸に比べては、その悪五十歩百歩なり。をもて某常よりこの生業を棄てんと、思ふことなりき。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
今は成り果てて仕舞ひました、何だだと取られるは多くなる、れる作物に変りは無い、其れで山へも入ることがならねい、草も迂濶ることがならねい、小児は学校へらにやならねい
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ずっといところの稿には、こんなことも書いてある。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
キット相当な純益が残ると思いますわ
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それから満枝は益す禿のを得て、内政を自由にするやうになつたから、定めて生家の方へぐと思の外、の外は塵葉一本らん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と、主人の春太郎という、自分も、抱えといっしょに、座しきに出ている三十ぐらいな働き芸妓
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある時はモツァルトのごと苦しみゆ明るき藝術を生まばやと思ふ
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
けッ、ふざけやがってよ! 羅真人か糞羅漢か知らねえが、オツに取り澄ましゃアがって、教え子も聞いて呆れら。——久米の仙人だって赤いを見りゃ雲から落ッこちたっていうじゃねえか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
甲谷は山口の家の戸口へ着いたときには、もう、ぼんやりとして立ったまま急に言葉をいうことが出来なかった。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
始終を外の放蕩三昧、あわれなを一人残して家事の事などは頓着しない、に帰宅すれば、言語のいい箸のろしさてはの仕方がるいとか、琴を弾くのが気にくわぬとか
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
さて、ここに掲げてある本文は要するに、「五」によって、作られている諸法はみな空である、という、その空のについていったものです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
その心のなかのを、木彫として現わそうとするだけに過ぎないが、その真摯な狙いどころが、手となり、小刀の先の動きにまでくるあいだに、種々な雑念が
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
花と望みし峯の白雲あとなく消れば、殘るはお蘭さまの御身一つと、痛はしや脊負ふにあまる負債もあり、あはれ此處なる邸も他人所有と、唯これだけをり得ぬ
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
厚さ五分に幅一寸、長さ二寸という大きな貨幣で、持ち重りするほど重かった。そうして昨日鋳たかのように、ひどくいい色に輝いていた。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何百両とも知れないほどな賄賂をばらき、なんとか、お前さんの身を助け出そうとしていなさるんだがいかんせん、相手が総督ときちゃあ、これに立ち向う者はねえ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三十両一ト資本と云うが、何様な事をしても五十両なければ十分てえ訳にはかねえが、其の上に三十両も余計な資金があれば、立派にそれで取附けますが、其の金をお前取れますか
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
屍体の近くに二個所ばかり強く踏みってあるのが兇行当時の犯人の足跡らしかったが、単に下駄じゃないという事がわかるだけで推定材料にはテンデならない。
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いつも主人のそばに肩をすぼめて細くなりて居し夫人を見しは、いずれもあきれ果てつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
うもると、家内中連中がこぼすんです。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
できあがっただって見られたざまぢゃない。どうせにごり酒だから濁ってゐるのはいゝとして酸っぱいのもある、甘いのもある、アイヌや生蕃にやってもまあご免りませうといふやうなのだ。
税務署長の冒険 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「ほんになあ、そんな生まれ子にまでそこひじゃこというたりして、かわいそうに、嫁さんも苦労しましょし、えらい入りでござんしょうぞなあ。」
大根の葉 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
しかし人の金銭に手をかけたのはこれが初めです。
さあ見てくれといわぬばかりに投げ出してあった刀、四本のうち一本ぐらい、筋の通った銘刀があるかと思ったところ、なかったぞ。フ、フ、フッ、揃いも揃って、関の数打ち物ばかりであったよ
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「そんな大きな鏡餅を何にするんだ。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
騒ぎにつけこんで、悪いや、が、うようよとつめかけて来るもので御座ります。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
聖書辞典にると、「悪鬼とは、サタンに追従して共に堕落霊物にして、人をみ之を汚さんとする心つよく、其数多し」とある。だ、いやらしいものである。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
馴れない頭巾と見えて、うるさそうに、いて丸めて川の中へフワリと捨てた。——ついでに、下からさッとくる風と、頭巾くずれのの毛を、黄楊荒歯でざっといて、そのまま横へ差しておく。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当てがわれただけの食事では、ややともすれば不足がちなもの……小体の家ではないことだが、奉公人を使う家庭となると、台所のきまりがあって、奉公人の三、四人も使っておれば
「何か言ってんだか! 痩馬だって、骨まで痩せてるわけじゃあるめえし、飼料せえちゃんと食わせりゃあ、今にゴムマリのようになっから見てろ。肥えてる馬なんかなら、誰が、買ってくっかえ。面白くもねえ。」
(新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
呑めるんだらう、何しろに違ひない。
佃のわたし (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)