稲生播磨守いのうはりまのかみ
天保のすえ、小石川御箪笥町の稲生播磨守の上屋敷。 諸士の出入りする通用門につづく築地塀の陰。夕方。杉、八つ手などの植込みの根方に、中小姓税所郁之進と、同じく中小姓池田、森の三人が、しゃがんで話しこんでいる。 池田は昂奮し、税所郁之進は蒼白な …
作品に特徴的な語句
後退たじろ やつ もの がわ うし しゅう ちろ 蒼白まっさお 退さが つち 一同みな もの ほっ まど かた 彼女かれ こぞ うけたまわ たち それがし もと 命令いいつけ すがた そな 激昂げきこう なま かわ おそ かぶ 祐乗ゆうじょう みは 相州そうしゅう 私語ささや 白眼にら 粗相そそう まぎ 逆上のぼ ひそ ふる 鞘走さやばし 鞘当さやあ 鑑識めがね こじり くわ 過褒かほう はや すが 身体からだ 跫音あしおと さば 虎徹こてつ 華燭かしょく 臨終いまわ 兼定かねさだ 小柄こづか くつろ 夜伽よとぎ 国綱くにつな つぐ 加世かよ 刀身なかみ 凝視みつ 屠腹とふく 其許そこもと 作往さくゆ 今夕こんせき あだ 人倫じんりん 下弦かげん 瓦解がかい かば 彼室あちら 彼男あれ 微塵みじん 悍馬かんば 慇懃いんぎん おのの 桔梗ききょう あざむ 武士さむらい 滅相めっそう