“嫡妻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ムカヒメ50.0%
ちゃくさい25.0%
むかひめ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嫡妻”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史3.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
亦た宇都志国玉神となりて、其我女須勢理毘売を嫡妻ムカヒメとして、宇迦ウカの山の山本に底津石根ソコツイワネに宮柱ふとしり
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
おほくにぬしの、よみから伴れ戻つた嫡妻ムカヒメすせりひめは、へらの様に嫉み心が強かつた。
万葉びとの生活 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鏡王女は鏡王の女、額田王の御姉で、後に藤原鎌足かまたり嫡妻ちゃくさいとなられた方とおもわれるが、この御製歌はそれ以前のものであろうか、それとも鎌足薨去(天智八年)の後、王女が大和に帰っていたのに贈りたもうた歌であろうか。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
その我が女須世理毘賣を嫡妻むかひめとして、宇迦うかの山一七の山本に、底津石根そこついはねに宮柱太しり
かれ天皇いたく怒りまして、大日下の王を殺して、その王の嫡妻むかひめ長田ながたの大郎女を取り持ち來て、皇后おほぎさきとしたまひき。