野槌の百のづちのひゃく
チチ、チチ、と沢千禽の声に、春はまだ、峠はまだ、寒かった。木の芽頃の疎林にすいて見える山々の襞には、あざやかに雪の斑が白い。 「あなた。——あなた」 お稲は、力なく、前に行く人をよんだ。 かの女の十間ほど前を、三五兵衛は黙々と、あるいて行く …
作品に特徴的な語句
女子 もの 禿ぱげ 掠奪よこど あわ 病臥ふせ とめ めく だく 鳥目とりめ まな 知己しるべ たし がね うち まる もの そよ おび 爽々せいせい ぬの けえ 大刀どす いたわ もぐ おと すね ほうむ だね 情婦おんな じま 紛失なく けえ 小稲こいね 宿しゅく 容貌きりょう 嫉妬やきもち あて おんな 鬱々くさくさ たま 男女ふたり 入札にゅうさつ 冗戯からかい とき 父親てておや 破滅はめ かた 馬沓うまぐつ つら おと にお 飯焚めした 相槌あいづち いばら 眉間みけん 苦悶くもん すすき 芋坂いもざか 睫毛まつげ むこ 老女としより 老先おいさき わざわい えり 空身からみ かせ すく はし 秩父ちちぶ 福生ふっさ 紺碧こんぺき 羽村はむら つな かまど 神楽かぐら かて 石神いしがみ まぎ