“器”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うつわ74.4%
うつは15.7%
7.0%
もの1.2%
いれ0.6%
0.6%
もひ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、英雄のじゃありません。その証拠は、やはり今日の戦ですな。烏江に追いつめられた時の楚の軍は、たった二十八騎です。
英雄の器 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かしこに謙遜れる聖歌の作者ひきげて亂れ舞ひつゝ恩惠にさきだちゐたり、この時彼は王者に餘りて足らざりき 六四—六六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そのとき汽車はだんだんしずかになって、いくつかのシグナルとてんてつを過ぎ、小さな停車場にとまりました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
枯れをあつめて、一人がカチカチと燧石る。火をかこんで酒をあたため、あり合うで飲みわす。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
食卓掛の白き布は下女によりて掛けられたり、硝子のバター塩壺ソース芥子なんど体裁好く卓上に配置せられたり。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「亭主、一杯くれ。面倒だから大きなで」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに水をば飮まさずして、御頸のを解かして、口にみてその玉盌にれたまひき。ここにその璵、に著きて一〇、婢璵をえ離たず、かれ著きながらにして豐玉毘賣の命に進りき。