“器具”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぐ54.5%
うつわ27.3%
うつは9.1%
うつわもの9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるなら、だれでもこのようにしてられた、食物はむだにし、また器具粗末うことをよくないとうでありましょう。
都会はぜいたくだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
が、今は他のものを器具でない。瓜はそのまま天来の瓜である。従って名実ともには冴えた、とその道のものは云った。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見よかれ人の器具をかろんじ、かく隔たれる二の岸の間にも、擢を用ゐず翼を帆に代ふ 三一—三三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
異国の安っぽい器具などを、安い値でたくさん仕入れて来て、これも長崎で知り合いになった、勘解由という男と結托して、大袈裟に宣伝して売っただけなのであろう。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)