生死卍巴せいしまんじどもえ
占われたる運命は? 「お侍様え、お買いなすって。どうぞあなた様のご運命を」 こういう女の声のしたのは享保十五年六月中旬の、後夜を過ごした頃であった。月が中空に輝いていたので、傍らに立っている旗本屋敷の、家根の甍が光って見えた。土塀を食み出し …
作品に特徴的な語句
くた けみ やつがれ 往来まちどおり またたく 家内いえうち 嫉妬やい 素性ひととなり ぎぬ 往来とおり しわ 盗賊ものとり 眼眩めくる いじ 健康すこやか あま ひら おのれ おの 往来みち わたくし 長身せたか 一瞬ひとしきり 生白なまちろ 猟夫さつお とも 森閑しん なまめ 日光ひかり 誘拐かどわかし 超人スーパーマン しん 好奇こうず 邂逅いきあ こた 器具うつわもの 洞然ほこらぜん わし 黒石アラオ 身長たけ 相違ちがい 甦生よみがえ 自由まま なの 本店みせ うけたま もと 常時しじゅう 年老としより かっ あた 以前まえ つもり 悪漢わる 彼方あなた おやじ かた 郷長むらおさ 墳塋はか 値打かち 微傷うすで まつ 樵夫そま 大束おおたぶさ きわ 神輿しんよ 山蛭やまひる まろ まわ きたな きれ めぐ 強請ゆす 此方こなた しもべ うまやじ 貴所きしょ ぐし 臙脂べに 何処いずこ 拇指ぼし 曲事きょくじ 接吻くちづけ 方々かたがた