“黒石”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろ50.0%
くろいし33.3%
アラオ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平次はさう言つて、一と握りの黒石を、ガチヤリとの上へ叩き付けました。御用聞にはしい人柄、碁さへ打たなきア、全く大した男前です。
陸中江刺黒石正法寺で、石地蔵が和尚に告げ口をしたために常陸かいどうの身の上がれた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
と、その割れ目を一散に走って、黒石の方へ行く者があり、やがて黒石の上へ、片足を掛けて休んだ者が見られた。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)