“くろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
62.6%
13.2%
10.7%
1.6%
1.6%
1.2%
1.2%
黒犬0.7%
0.7%
0.7%
黒石0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
黒猫0.4%
畦畔0.2%
0.2%
0.2%
漆黒0.2%
玄人0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
苦勞0.2%
0.2%
黒縮緬0.2%
黒色0.2%
黒馬0.2%
黒駒0.2%
黒鹿毛0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて大きなつめでひっかくようながするとうと、はじめわれていたものがろしいけもののになって
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
波のあいだになにやらいものが見えますゆえ、なんであろうと舷を寄せ、仔細にこれを眺めますれば、それは生れたばかりの鯨の子。
わっ——と逃げる子供の群れに突かれて、桑畑のめいて、痛そうに眼をうるませていた若い女が、ふと、足軽達の眼にとまった。
大谷刑部 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒血大地をさらにうし、冀州の空、星は妖しく赤かった。田豊死すとつたえ聞いて、人知れず涙をながした者も多かった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武家の大逆もさることながら、ここしばしは、日月うなり、至尊たりとも、にお身を隠す所すらない乱れを地上にみるでしょう。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
崖下のい水も、何かきながら、高股になって、石をぎ、抜き足して駈けている。崖の端には、車百合の赤い花が、ひときわ明るく目立つ。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
お婆さんは、ごくりごくりと咽喉を鳴らしながら水を呑んだ。お美代はすぐに眼を伏せて、膝の上の自分の手を見た。い肌には一面の赤いだった。
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
彼女はやっと、黒犬の引きずって行く縄の端をつかまえた。黒犬はつかまると、彼女にきな体を押しつけてみついた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうすれば、しまいに己は自分の過去を忘れ果て、一匹の虎として狂い廻り、今日のように途で君と出会っても故人と認めることなく、君を裂きうて何の悔も感じないだろう。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
常吉はうしろからぽきぽきとそれをもぎ取ってへ入れる。一と畚溜ればうんと引っ抱えて、に放した馬の両腹の、網の袋へうつしこむ。馬は畠へ影を投げて笹の葉を喰っている。
千鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
「やれ助かった」と手を延ばし、パチリと黒石を置いたものである。「まずこれで脈はある」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
三笠山は何か後暗い事でもしたやうにずんだ春日の杜影に円い頭をめて引つ込んでゐた。
虎狗を食して淫を起し狗赤小豆を食して百疾をし猫天蓼をうてしきりにる、狐焼鼠を見て命を失う猩桃を得て空につ、鼠蕎麦に就いて去る事を知らず、雉子胡麻を食して毎朝来ると見ゆ。
あの娘は不動様へ又お参りに来ましょう、そこでまだ貴方を見ねえのだから先刻が話を聴いて見ると、斯ういうの羽織を着て、斯々の方を御覧かと云ったら急いだから存じませんと云うから
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
うしては、数行虞氏が涙、夜深うしては、四面楚歌の声
「あれ、また俥屋黒猫が! しいっ!」
助五郎余罪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
田圃では、こけのにはつてるからけつゝあつたので、畦畔殊更いてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
青田畦畔には處々萱草いて、くとては村落少女やさないでも、んではいて朱杯點々耕地るのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
これは蛇が鼠をうて、庫を守るより出た事か、今も日本に米倉中の蛇を、宇賀神など唱え、殺すを忌む者多し。
鼻の薄痘痕ありて、口を引窄むる癖あり。歯性悪ければとて常にめたるが、かかるをや烏羽玉ともふべく耀くばかりにし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
よく物を言ふ眼が間断なく働いて、けばに余る程の髪は漆黒い。天賦か職業柄か、時には二十八といふ齢に似合はぬ若々しい挙動も見せる。一つにはだ子を有たぬ為でもあらう。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「見ろ。はっはっは、犯人玄人だせ。急場にそこいらったって、これじゃあおいそれたあ出ねえわけだ。」
やがて前方に、雲かをひいたように、敵の第一陣線が望まれた。手をかざして見れば、い旗には「南安之龐徳」と印し、白い旗には「必殺関羽」と書いてあるのが見える。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「うむ。まずうたる武者、七々四十九人を選び、みなき旗を持ち、みな皁きを着て、りの帳外を守護せしめい」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もて業となす醫師ゆゑ惡き荷擔はせずと奉行に向ひ立派に云ひめんとこそ計りしが今我面を見知たる和吉が出しにと計りれて面色の如くにひ出せば忠相ぬしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そんなら話すが実はも死のうと思っている、という訳は、旦那の金を二百六十両をい込んで、払い月だがまだりませぬ/\と云って、今まで主人を云いめたが、もう十二月の末で
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
吾子が受領すべきは、き衣と大なる帽となり。かくて後は、護摩焚きて神に仕ふべきか、の道を走るべきか。そはかれが運命に任せてむ、とのたまふ。
れるよなら、ほんに苦勞でも大儀でも、らさずに、どうかかせてくだされよう……」熟練した調子が、さうでなくても興味つてる一にしみじみといた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
また昔時シナのが庭園を散歩し、したのを食い、味の余りになりしに感じ、独りこれをうに忍びず、い残しの半分を皇帝にげ、その愛情の深きを賞せられ
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
あたかもその時帳場の横で黒縮緬羽織、鳩鼠色の紐を結んで居たのは小歌で、貞之進は何か云いたかったが云う折でもなく、又云うことも出来ぬのでそのまゝ下足番の所へ行った。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
問屋筋のかたぎのうちでは、大きな、極印のような判をベタベタと押した。実印も黒色だった。
すがし近づけてひ合ふ黒馬黒馬とに月明りあり
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
小さな馬と幌馬車を買って、あの子がぜひとも黒駒にしてくれと申しますから、黒駒を買うことにして、一昨日、計画したように、ここを立つんでございます。
「はい、クンプウというサラブレッド種の黒鹿毛を」
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
遠野の城下はすなわち煙花の街なり。馬を駅亭の主人に借りてり郊外の村々をりたり。その馬はき海草をもって作りたる厚総けたり。多きためなり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
渠の形躯は貴公子のごとく華車に、態度は森厳にして、そのうちおのずから活溌の気を含めり。しげに日にみたる熟視れば、清※明眉相貌でて尋常ならず。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)