“厚総”の読み方と例文
読み方割合
あつぶさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐綾縅を着、柿形兜を猪首にかむり、渋染め手綱萠黄母衣、こぼれ桜の蒔絵の鞍、五色の厚総かけたる青駒、これに打ち乗ってあらわれた武士は
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
遠野の城下はすなわち煙花の街なり。馬を駅亭の主人に借りてり郊外の村々をりたり。その馬はき海草をもって作りたる厚総けたり。多きためなり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
馬具なども同様で、厚総を掛けた方が好かろうという説を出した人がありましたけれども、どうも戦乱の世の中に厚総も感心しないだろうというので、この説は取りませんでした。