“厚板”の読み方と例文
読み方割合
あついた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結城の小袖に、小紋縮緬の下着を重ね、厚板の帯を結んでいる。こんな賭場へ来ているのは、五郎蔵が
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
切能の出しものは「龍神」である。厚板着附に、赤地に銀の青海波模様のある半切穿かせ、なお上から紺地金襴葵紋の龍神——法被ともいうものを着せかける。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
錦の厚板の一とほどあるのが、笹野新三郎の手に殘ると、お小夜は脱兎の如く身を拔けて