“唐綾縅”の読み方と例文
読み方割合
からあやおどし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このとき、次男源大夫判官兼綱、この日紺地の錦の直衣唐綾縅の鎧を着て奮戦していたが、父の危急をみると、ただちにとって返して防ぎ戦った。
唐綾縅を着、柿形兜を猪首にかむり、渋染め手綱萠黄母衣、こぼれ桜の蒔絵の鞍、五色の厚総かけたる青駒、これに打ち乗ってあらわれた武士は
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
赤地の錦の直垂に唐綾縅を着こみ、腰に銀づくりの太刀を帯び、二十四本の切斑の矢を背に、重籐の弓を小脇にかいこみ、はぬいで鎧の高紐にかけてかしこまった。