“點々”のいろいろな読み方と例文
新字:点々
読み方割合
てん/\80.0%
ぽつ/\20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八木奬三郎氏の實見談に據れば此岡の麓には今尚ほ貝殼點々散布して、曾て一大貝塚有りし證跡を留むと云ふ。此地海岸をる事凡一里。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
青田畦畔には處々萱草いて、くとては村落少女やさないでも、んではいて朱杯點々耕地るのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さなのは、河骨點々黄色いたを、小兒せていでる。きなのはんだが、さしてけるのがある。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)