“散布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんぷ66.7%
さんふ16.7%
ちりし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八木奬三郎氏の實見談に據れば此岡の麓には今尚ほ貝殼點々散布して、曾て一大貝塚有りし證跡を留むと云ふ。此地海岸をる事凡一里。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
魚の中にて鱗の粗きものは調理する前に之を取りきたりと見えて、貝塚中に於て魚鱗散布せるをむる事屡〻有り。コロボツクルは如何にして魚鱗魚体より取りしたるか。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
鳥のも時節に連れて哀れに聞える、淋しい……ソラ風が吹通る、一重桜は戦栗をして病葉を震い落し、芝生の上に散布いた落葉は魂の有る如くに立上りて、友葉を追って舞い歩き
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)