“青田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおた56.3%
あをた25.0%
あおだ12.5%
せいでん6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青田を、わたるが、をつくり、さっきの、きれいなのまぼろしがうかぶとうと、はかなく、きえてしまいました。
風七題 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ると、右左二畝ばかりみにゑた青田があつて、正面畦中に、琴彈松といふのがある。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
には暗雲の低迷したそれは恐らく驟雨の最中であるであろうところの伊吹山のあたりまでをバックに、ひろびろとんだうちけた平野の青田も眺められた。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
黄巾、諸州に蜂起してより、年々の害、鬼畜の毒、惨として蒼生青田なし。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)