“二畝”の読み方と例文
読み方割合
ふたうね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
門を出ると、右左、二畝ばかり慰みに植えた青田があって、向う正面の畦中に、琴弾松というのがある。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
隣づかりの桑畑は葉が大凡落ちて兼次の芋畑へも散らばつて居る。青いよわ/\した小麥が生え出して居る。小麥は芋の間に二畝づつ蒔かれてある。芋の莖はぐつたりと茹でたやうである。
芋掘り (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ると、右左二畝ばかりみにゑた青田があつて、正面畦中に、琴彈松といふのがある。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)