星あかりほしあかり
もとより何故という理はないので、墓石の倒れたのを引摺寄せて、二ツばかり重ねて台にした。 その上に乗って、雨戸の引合せの上の方を、ガタガタ動かして見たが、開きそうにもない。雨戸の中は、相州西鎌倉乱橋の妙長寺という、法華宗の寺の、本堂に隣った八 …
作品に特徴的な語句
ひやっ いい げん うわ せなか かえ うずだか 一切すべて うえ やつ じっ つめた むき くう ゆら あざやか 三頭みつ 蒼海あおうみ 引返ひきかえ 引合ひきあわ おもい なに あやし ともしび 蹌踉よろ たか にごり かぎり 腐水くされみず きわ けん 素直まっすぐ 門外おもて 立留たちとま いた 立停たちとま むらが すぎ つらな 晴々せいせい 御名おんな くつがえ わず のち 彼処あすこ 心着こころづ 踏掛ふみか 踏返ふみかえ 果敢はかな かか 身震みぶるい りゅう ごう 大畝おおうねり 大分だいぶん 突端とっぱな 夜更よふけ あいだ いちじる こうべ 片影かたかげ じっ しきり 頬被ほおかぶり 仰向あおむけ なん けだ 何故なにゆえ 一廓ひとくるわ 薄暗うすくら はや とな しら せつ いや 悄然しょんぼり 四頭よつ ななめ 懐疑うたがい 肌脱はだぬぎ 重々おもおも 白砂しらすな くら もと 一層いっそ みひら
題名が同じ作品
星あかり (旧字旧仮名)泉鏡花 (著)