“三社祭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんじゃまつり66.7%
さんじやまつり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三社祭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたくしはジャズ模倣の踊をする踊子の楽屋で、三社祭さんじゃまつりの強飯の馳走にあずかろうとは、全くその時まで夢にも予想していなかったのだ。
草紅葉 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
三社祭さんじゃまつりの折お糸は或年踊屋台おどりやたいへ出て道成寺どうじょうじを踊った。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
三社祭さんじやまつりをりいと或年あるとし踊屋台をどりやたいへ出て道成寺だうじやうじを踊つた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)